お母さん介護士、仕事・子育て両立の秘訣

介護職と育児を両立するために

【おすすめ記事】 自分で全てこなそうとしない
お母さん介護士、仕事・子育て両立の秘訣

お母さん介護士、仕事・子育て両立の秘訣

仕事と育児を両立するために知っておきたい情報を紹介していきます。近年は共働き世帯が増えていることに加え、介護業界の需要が高いこともあり、仕事と育児を頑張るお母さん介護士が増えてきました。しかし、両立するためのコツをつかんでおかなければ、日々の忙しさに押しつぶされてしまいます。そうならないように、両立の秘訣を押さえておきましょう。

カテゴリ一覧
  • お母さん介護士が仕事と育児の両立を達成するためには多くの課題があります。介護職は心身共に疲弊しやすい仕事のため、両立を諦める方が少なくありません。また、24時間稼働している介護施設で勤務する場合、夜勤が発生するため育児に必要な時間がとれないという問題があります。お母さん介護士が仕事と育児を両立する中で感じる悩みやその理由について詳しく見ていきましょう。これから両立を目指す方にとっても参考になる情報です。

  • 仕事と育児を全て自分の力だけでこなすのは大変です。両立するためには、可能な限り負担を軽減する必要があります。例えば、便利な家電を利用して家事を効率化するなどの工夫が求められます。お掃除ロボットや食洗機を使えば、大幅に家事の手間を削減することができます。周囲に頼れる人がいるなら、手伝ってもらえるようにお願いしましょう。パートナーや子どもと協力し合いながら、必要であれば育児支援制度なども活用していきましょう。

  • 仕事と育児の両立が可能な職場を探すコツを紹介します。子どもが小さいうちは夜勤ができないので、デイサービスや訪問介護事業所などが候補になります。資格があるなら、ケアマネジャーも融通が利くのでおすすめです。雇用形態についても、家庭の事情を考えた上でベストなものを選ぶ必要があります。例えば、子どもがある程度大きくなった方は正社員を目指してもいいかもしれません。仕事の拘束時間は長いですが、その分収入が安定しています。

家庭環境に合った働き方を見つけよう

子どもがある程度大きくなり、手間がかからないようになったのであれば、今後の教育費などを考えて収入が安定している正社員を目指すのもいいでしょう。まだ子どもが小さいうちは、育児の時間を確保するためにパート勤務がおすすめです。また、残業や面倒な人間関係を避けたい人は派遣社員がおすすめです。

介護職と育児の両立へ

介護の仕事と育児を両立させるための工夫や職場選びのポイントを紹介するサイトです。お母さん介護士や、これから両立を目指す方はぜひ参考にしてください。なお、お問い合わせにつきましてはこちらからお願いいたします。

介護職と育児の両立へ