お母さん介護士、仕事・子育て両立の秘訣

育児の都合に合った雇用形態を選ぶ

【おすすめ記事】 自分で全てこなそうとしない
雇用形態はどう決めるか

雇用形態はどう決めるか

正社員

収入面を重視するのであれば、正社員を選びましょう。非正規雇用とは違い、基本的にフルタイムでの勤務になりますが、その分安定した収入を得られます。介護業界は需要が高いので、利用者不足によって経営難になりボーナスがなくなる心配もありません。子どもは大きくなるにつれ、教育費がかかってきます。育児の際には家族や周囲の協力を得る必要がありますが、その環境が整っているなら正社員がいいでしょう。様々な施設形態、労働条件の職場があるので、転職エージェントを利用して自分に合う職場を探してください。

10万件以上の施設・求人から、希望する労働条件だけでなく、施設の雰囲気もあなたに合う介護求人をご紹介

きらケアから引用

きらケアは、正社員を目指すお母さん介護士の事情を汲みとった上で最適な求人を紹介してくれます。

パート

まだ子どもが小さい場合は、育児のために多くの時間が必要です。早番や遅番、夜勤をしながら小さい子どもを育てるのは難しいでしょう。そこで選択肢となるのがパート勤務です。「9時から17時まで」といった日中のみの求人が多いです。この勤務時間であれば保育園の送迎にも対応できます。また、自分と同じような境遇のお母さん介護士が多いので、急遽休みが必要になった際にフォローしてくれます。そのため、子どもが小さいうちはパート勤務がおすすめです。家から遠すぎる職場は厳しいので、地域の情報に詳しい転職支援サービスを利用して求人を探しましょう。

お住まいのお近くで仕事を見つけたい!地元の知識を持った担当者がしっかりとお仕事情報をご提案。全国38支店で地域に密着したお仕事情報を多数ご用意!引っ越しされた場合も、 その地域に詳しいキャリアアドバイザーが新天地でもスムーズなお仕事紹介をサポートさせていただきます。

ツクイスタッフから引用

ツクイスタッフは、地域に詳しいアドバイザーがさまざまな情報を提供してくれます。

派遣社員

正社員とパート以外だと、派遣社員があります。派遣社員は残業や会議が発生しないので、あらかじめ定められた時間の範囲内で働けます。正社員は残業が発生しやすく、運営に関わる会議に出席を求められることもあるでしょう。子どもと接する時間が少なくなってしまうので、それを避けたい場合は派遣社員がおすすめです。また、正社員登用制度があるので、自分に本当に合う職場かどうかを見極めた上で、育児が落ち着いたタイミングで正社員を目指すことも可能です。
派遣社員は、人間関係のトラブルが少ない点も魅力です。例え人間関係に不満があっても、契約期間中だけ我慢すればいいのです。それが分かっていれば、余計なストレスを感じずに割り切って働けます。派遣社員として働く際には、業界に特化した派遣会社に登録しましょう。

厳選したさまざまな介護の派遣会社の求人を取り扱っていますので、複数のサイトをみる必要がありません。日本最大級の介護派遣求人サイトで理想の職場を見つけましょう。

カイゴナビ派遣から引用

カイゴナビ派遣なら、信頼できる派遣会社の中から自分に合うものを厳選できます。

まとめ

子どもがまだ小さく、育児に時間を割く必要がある方はパートを選びましょう。子どもがある程度大きくなり、安定した収入を得たい方は正社員を選んでください。残業や会議などを避けて、自分の都合に合わせて働きたい人は派遣社員です。それぞれメリットが異なるので、自分が求める働き方を明確にしてから決めましょう。

更新日:

家庭環境に合った働き方を見つけよう

子どもがある程度大きくなり、手間がかからないようになったのであれば、今後の教育費などを考えて収入が安定している正社員を目指すのもいいでしょう。まだ子どもが小さいうちは、育児の時間を確保するためにパート勤務がおすすめです。また、残業や面倒な人間関係を避けたい人は派遣社員がおすすめです。

介護職と育児の両立へ

介護の仕事と育児を両立させるための工夫や職場選びのポイントを紹介するサイトです。お母さん介護士や、これから両立を目指す方はぜひ参考にしてください。なお、お問い合わせにつきましてはこちらからお願いいたします。

介護職と育児の両立へ